コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵蟻 へいありsoldier ant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵蟻
へいあり
soldier ant

アリまたはシロアリの一型。職蟻 (働きあり) と同様に,生殖能の退化した雌個体である。大型の頭部と大顎をもち,主として戦闘などに従う。強大な大顎は戦闘や巣の守護のほか,種子その他の固い食物を砕くなど特別な機能に適応している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へい‐あり【兵×蟻】

アリやシロアリの集団の中で、特に外敵との闘争の任に当たる個体。頭やあごなどが大きい。へいぎ。
[補説]アリでは大型の働きアリで、すべて雌。シロアリの兵アリは働きアリから分化し、雌雄がある。

へい‐ぎ【兵×蟻】

へいあり」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいぎ【兵蟻】

兵隊蟻の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

兵蟻の関連キーワード社会性昆虫シロアリ類兵隊蟻補説別名

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android