コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 アリ

3件 の用語解説(蟻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あり【×蟻】

膜翅(まくし)目アリ科の昆虫の総称。体は小形で、黒色または赤褐色。頭・胸・腹部の間がくびれている。1匹の女王アリ、少数の雄アリ、多数の働きアリで集団生活を営む。地中や樹木に巣を作り、時に巨大な蟻塚を作る。日本にはクロヤマアリクロオオアリサムライアリなど100種以上が知られる。 夏》「睡蓮の乾きたる葉に―遊ぶ/年尾
木材の先端に作る、先が広がった鳩尾(きゅうび)形。継ぎ手仕口(しくち)などに用いる。

ぎ【蟻】[漢字項目]

[音]ギ(呉)(漢) [訓]あり
〈ギ〉昆虫の名。アリ。「蟻酸蟻集
〈あり〉「蟻塚蟻地獄白蟻

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あり【蟻】

ハチ目アリ科の昆虫。体は頭・胸・腹の三部に分けられ、胸部と腹部の間が細くくびれている。大部分は2~10ミリメートル。体色は黒か赤褐色。女王アリを中心に雄アリ・働きアリ(不完全な雌)が地中や朽ち木に巣を作り、多数で社会生活を営む。糖分を含む食物を好む。全世界に分布し、種類が多い。 [季] 夏。
建築で、鳩尾状(逆三角形)に広がった形の名称。木材の端に作って継ぎ手・仕口しくちなどに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟻の関連キーワードコバチ蟻塚虫小蜂似我蜂土蜂葉蜂姫蜂鼈甲蜂山蟻姫花蜂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟻の関連情報