(読み)あり

精選版 日本国語大辞典の解説

あり【蟻】

〘名〙
① アリ科に属する昆虫の総称。体色はふつう黒または赤褐色で、体長二~五ミリメートルのものが多い。頭、胸、腹部に区分され、特に胸部と腹部の間に深いくびれがある。大部分の種類では毒針はないが、蟻(ぎ)酸を放出する。地中や樹中に巣をつくり、女王アリ(雌アリ)、働きアリ、王アリ(雄アリ)などによる集団生活を営み、それぞれ分業する。女王アリ、王アリにははねがあり、羽蟻と呼ばれる。女王アリは空中での交尾後、はねは脱落し、多くの卵を産む。種類は多く、世界に広く分布。日本では約一〇〇種がみられる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※枕(10C終)四三「ありは、いとにくけれど、〈略〉水の上などを、ただあゆみにあゆみありくこそをかしけれ」
② 木材の端に、鳩尾(きゅうび)のように先を広く作った突起。他の木にはめ込んで、抜けないようにするためのもの。〔日本建築辞彙(1906)〕
④ 衣服の部分の名称。袍(ほう)や直衣(のうし)の下方にある、襴(らん)の左右に垂れている、耳のような部分。衽(おくみ)
※連阿口伝抄(1366)束帯「襴の左右に耳の様なる物をばありといふ」
[語誌]上代から「あり」という語があったことは、訓仮名として用いられているところから知られる。中古・中世期までは和歌や物語・日記類には、ほとんど現われないが、随筆類・説話類には「蟻通し」の説話やその生態や習性をとらえた話題で、しばしば現われている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あり【×蟻】

膜翅(まくし)目アリ科の昆虫の総称。体は小形で、黒色または赤褐色。頭・胸・腹部の間がくびれている。1匹の女王アリ、少数の雄アリ、多数の働きアリで集団生活を営む。地中や樹木に巣を作り、時に巨大な蟻塚を作る。日本にはクロヤマアリクロオオアリサムライアリなど100種以上が知られる。 夏》「睡蓮の乾きたる葉に―遊ぶ/年尾
木材の先端に作る、先が広がった鳩尾(きゅうび)形。継ぎ手仕口(しくち)などに用いる。

ぎ【蟻】[漢字項目]

[音]ギ(呉)(漢) []あり
〈ギ〉昆虫の名。アリ。「蟻酸蟻集
〈あり〉「蟻塚蟻地獄白蟻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android