コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其俤浅間嶽 そのおもかげあさまがだけ

世界大百科事典 第2版の解説

そのおもかげあさまがだけ【其俤浅間嶽】

富本(とみもと)の曲名。略称《浅間》。1779年(安永8)3月,江戸市村座で2世瀬川菊之丞回忌追善として初演。作詞増山金八,作曲名見崎徳治。菊之丞代々の当り役であった傾城奥州の霊を3世菊之丞がつとめ,2世富本豊前太夫が語った。富本節を代表する名曲である。のちに清元に移されて,本名題《初霞浅間嶽》となった。浅間物【長尾 一雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の其俤浅間嶽の言及

【浅間物】より

…これは原曲の女の亡魂を男に変えたもの。(4)《其俤浅間嶽(そのおもかげあさまがたけ)》。富本節。…

※「其俤浅間嶽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android