コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名見崎徳治 なみざきとくじ

1件 の用語解説(名見崎徳治の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なみざきとくじ【名見崎徳治】

富本節の三味線方,作曲家。7世まであるが初世,3世,7世が有名。(1)初世(?‐1810(文化7)) 前名西川徳治。1772年(安永1)から富本豊志太夫(2世富本豊前太夫)の立三味線。94年(寛政6)まで活躍。作曲作品と推定されるのは《相撲》《鴛鴦(おしどり)》《鞍馬獅子》《其俤浅間嶽(そのおもかげあさまがだけ)》《虫売》《身替りお俊》など。富本節の完成に功績があった。(2)2世 初世の子。生没年不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の名見崎徳治の言及

【長作】より

…1805年(文化2)江戸中村座で3世坂東三津五郎,5世岩井半四郎らにより初演。作詞初世桜田治助,作曲名見崎喜惣治(初世名見崎徳治),振付初世藤間勘十郎。義太夫の《新薄雪物語》を増補改作した《練供養妹背縁日》の道行で,薗部左衛門を慕って死んだお美津の霊が村娘およしに乗り移って,左衛門と薄雪姫との道行をじゃまする。…

【身替りお俊】より

…作詞初世桜田治助。作曲名見崎徳治(得寿斎)。1783年(天明3)江戸中村座正月狂言《江戸花三升曾我(えどのはなみますそが)》の3月から出た二番目浄瑠璃。…

【三つ面子守】より

…1829年(文政12)9月,江戸河原崎座初演。作詞津打治兵衛,作曲名見崎徳治。振付4世西川扇蔵。…

※「名見崎徳治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名見崎徳治の関連キーワード富本佐々木市四郎鶴谷藤八鳥羽屋里長(初代)富本豊前(2代)富本豊前(4代)名見崎徳治(初代)野沢勘蔵三保崎兵助宮崎忠五郎(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone