其者(読み)それしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① その道によく通じている人。専門家。くろうと。
※仮名草子・可笑記(1642)五「此のたぐひかならずすきき過して、それしゃのやうになる物なり」
② (特に、くろうとの女の意で) 遊女。芸者。娼婦。商売女。
※俳諧・談林十百韻(1675)下「この程のかたみの瘡気おし灸〈松臼〉 それ者を立し末の松山〈正友〉」
[語誌]その道の専門家の意だが、特に遊里の遊びに慣れていて、その道によく通じた、いわゆる「粋人(すいじん)」を指していうことが多い。「評・色道大鏡‐一」には、「粋(すい)」「和気(ワケ)しり」も同意と説明がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android