コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其駒 ソノコマ

デジタル大辞泉の解説

そのこま【其駒】

神楽歌の一。舞を伴う。神の乗り物の駒を歌って、惜別の情を表した歌。「その駒ぞや」で始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そのこま【其駒】

御神楽(みかぐら)に歌う神楽歌の曲名。御神楽次第の最終部に歌う神上げの歌で,現行の歌詞は〈其駒ぞ や 我に 我に草乞ふ 草は取り飼はん 水は取り 草は取り飼はん〉で,これを2回歌うが,1回目を其駒三度拍子,2回目を其駒揚拍子(あげびようし)といい,後者には人長(にんぢよう)の舞がある。この歌詞は,本来は本歌(もとうた)として〈葦駮(あしぶち)の や 森の 森の下なる 若駒率(い)て来(こ) 葦毛駮の 虎毛の駒〉があり,その末歌(すえうた)としてあったものであろうが,古くから末歌のみを用いたらしく,諸本は,ある説としてのみ〈葦駮の〉の歌をあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そのこま【其駒】

神楽歌かぐらうたの一。宮中現行の御神楽の最終曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の其駒の言及

【御神楽】より

…現行御神楽の原形である〈内侍所(ないしどころ)の御神楽〉は,《江家次第》《公事根源》等によれば,一条天皇の時代(986‐1011)に始まり,最初は隔年,白河天皇の承保年間(1074‐77)からは毎年行われるようになったという。これより古くから宮中で行われていた鎮魂祭,大嘗祭(だいじようさい)の清暑堂神宴,賀茂臨時祭の還立(かえりだち)の御神楽,平安遷都以前から皇居の地にあった神を祭る園韓神祭(そのからかみさい)等の先行儀礼が融合・整理されて,採物(とりもの),韓神,前張(さいばり),朝倉,其駒(そのこま)という〈内侍所の御神楽〉の基本形式が定まり,以来人長(にんぢよう)作法,神楽歌の曲目の増減等,時代による変遷はあったものの,皇室祭儀の最も重要なものとして,よく古式を伝えて今日にいたっている。 御神楽は夕刻から深夜にかけて,神前の庭に幕を張って楽人の座を設け,庭火を焚いて座を清め,これを明りとして行われる。…

※「其駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone