典拠形アクセスポイント(読み)てんきょけいあくせすぽいんと(英語表記)authorized access point

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

実体の優先名称(または優先タイトル)を基礎として構築され”,その実体を他の実体と明確に区別することができる統制形アクセスポイント.“その実体を発見,識別し,または関連する他の実体を発見する手がかりとなる”(『日本目録規則2018年版』用語解説).通常,ある典拠ファイルの中で,一つの実体を表すための典拠形アクセスポイントは1つであり,典拠形アクセスポイントごとに典拠レコードが作成される.1つの実体に対し複数の典拠形アクセスポイントおよび典拠レコードが作成される場合,「をも見よ参照」によってそれらが関連づけられる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android