兼高かおる(読み)かねたか かおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼高かおる かねたか-かおる

1928- 昭和後期-平成時代の旅行家。
昭和3年2月28日生まれ。昭和33年スカンジナビア航空の世界早回りコンテストで73時間9分35秒の世界記録を樹立。34年から平成2年までテレビ番組「兼高かおる・世界の旅」を担当。その間,北極,南極のほか150ヵ国以上をおとずれた。61年「横浜人形の家」館長。平成3年芸術選奨。兵庫県出身。ロサンゼルス市立大卒。本名は兼高ローズ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼高かおるの関連情報