コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山七郎右衛門 うちやま しちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山七郎右衛門 うちやま-しちろうえもん

1807-1881 幕末の武士。
文化4年11月7日生まれ。内山隆佐(りゅうすけ)の兄。越前(えちぜん)(福井県)大野藩士。江戸で朝川善庵にまなぶ。藩財政の立て直しのため,安政2年大坂,翌年以降箱館など全国各地に藩営の商社大野屋をひらき成功。維新後は良休社をつくり,士族授産につくした。明治14年8月18日死去。75歳。名は良休。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内山七郎右衛門の関連キーワードアメリカ美術アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト藤田貞資株式会社

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone