コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内断熱(工法) ウチダンネツ(コウホウ)

リフォーム用語集の解説

内断熱(工法)

天井から壁の中、床下、柱と柱の間など、躯体内の隙間に断熱材を充填する断熱する方法のこと。日本では最も早く導入された断熱工法で、木造軸組工法の住宅などに多く用いられている。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

内断熱(工法)の関連情報