コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内断熱(工法) ウチダンネツ(コウホウ)

1件 の用語解説(内断熱(工法)の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

内断熱(工法)

天井から壁の中、床下、柱と柱の間など、躯体内の隙間に断熱材を充填する断熱する方法のこと。日本では最も早く導入された断熱工法で、木造軸組工法の住宅などに多く用いられている。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内断熱(工法)の関連キーワード長押足固め一間額の間階隠しの間柱間壁間櫓貫間度し

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone