コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内村剛介 うちむら ごうすけ

1件 の用語解説(内村剛介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内村剛介 うちむら-ごうすけ

1920-2009 昭和後期-平成時代のロシア文学者。
大正9年3月18日生まれ。敗戦時から昭和31年までシベリアに抑留される。48年北大教授,53年から平成2年まで上智大教授。強制収容所での体験を核にスターリニズムを究明し,現代日本の思想状況を批判。平成21年1月30日死去。88歳。栃木県出身。ハルビン学院卒。本名は内藤操。著作に「生き急ぐ」「呪縛の構造」「ソルジェニツィン・ノート」。訳書にトロツキー「文学と革命」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内村剛介の関連キーワード青木和夫伊藤冨雄伊夫伎一雄菊地吾郎熊田誠杉原四郎辻隆友松賢新島繁(2)河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone