コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内村剛介 うちむら ごうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内村剛介 うちむら-ごうすけ

1920-2009 昭和後期-平成時代のロシア文学者。
大正9年3月18日生まれ。敗戦時から昭和31年までシベリアに抑留される。48年北大教授,53年から平成2年まで上智大教授。強制収容所での体験を核にスターリニズムを究明し,現代日本の思想状況を批判。平成21年1月30日死去。88歳。栃木県出身。ハルビン学院卒。本名は内藤操。著作に「生き急ぐ」「呪縛の構造」「ソルジェニツィン・ノート」。訳書にトロツキー「文学と革命」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内村剛介の関連キーワードグロスマン(Vasiliy Semyonovich Grossman)ダニエル(Yuriy Markovich Daniel')チュコフスカヤアマールリクエセーニン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android