コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内湾堆積物(読み)ないわんたいせきぶつ(英語表記)bay sediment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内湾堆積物
ないわんたいせきぶつ
bay sediment

内湾の底の堆積物。内湾では海水の流れによる運搬力が小さいため,河川から流出した砂礫の多くは河口近くに堆積する。河口地域では石灰質,生物遺骸を含む粘土,砂などが多く,普通,堆積物に層理がある。沿岸地域では砂が多く,湾央地域では粘土が多い傾向がある。内湾堆積物の粒度は,海底地形や環流,波浪に関係がある。日本の多くの湾では海流が反時計回りで,沿岸水は海からみて左上に,外洋水が右下に分布し,外洋水の分布地域の浅海には砂が多い。東京湾はこの例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android