コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外洋水 がいようすいoffshore waters

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外洋水
がいようすい
offshore waters

沿岸水の混らない大洋の水。黒潮親潮など海流の一般的性質を示し,プランクトンの種類も沿岸水のそれとは異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がいよう‐すい〔グワイヤウ‐〕【外洋水】

沿岸水の混合することのない、沖合の水。→沿岸水

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

海の事典の解説

外洋水

沿岸水に対比して用いられる言葉で、河川水・陸水あるいは浅海での潮汐混合の影響を受けていない海水をさすわけであるが、明確に定義されているわけではな い。陸棚斜面から沖、あるいは黒潮の流れるわが国の南岸では黒潮域およびその沖合いの水を指すことも多い。内域の沿岸近くの水を、外洋から流入した水と 区別して用いることもある。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

外洋水の関連キーワードゾウリエビ(草履海老)カキ(牡蠣)タルマワシ内湾堆積物栄養塩類指標動物瀬戸内海海洋汚染海洋生物氷河時代沿岸州境水道海産魚大急潮塩分計水色急潮

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android