コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田満寿子 うちだ ますこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田満寿子 うちだ-ますこ

1620-1670 江戸時代前期の宗教家。
元和(げんな)6年生まれ。内田外記(げき)の娘。21歳のとき日向(ひゅうが)(宮崎県)の鵜戸(うど)神宮参籠(さんろう)の帰りに神がかりとなる。村々を説法しおおくの奇跡をしめし信奉者を生む。明暦2年飫肥(おび)藩主伊東祐久(すけひさ)に榎原(よわら)神社の創建を建言し実現させた。寛文10年3月16日死去。51歳。日向出身。通称は寿法院(すほういん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android