内田麟太郎(読み)うちだ りんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田麟太郎 うちだ-りんたろう

1941- 昭和後期-平成時代の絵本作家,詩人。
昭和16年2月11日生まれ。父は詩人・内田博。看板職人をしながら,詩作をする。昭和61年「さかさまライオン」で絵本にっぽん賞。平成9年「うそつきのつき」で小学館児童出版文化賞。12年「がたごと がたごと」で,22年「すやすやタヌキがねていたら」で,25年「ともだち できたよ」で日本絵本賞。23年詩集「ぼくたちはなく」で三越左千夫少年詩賞。福岡県出身。大牟田北高卒。作品はほかに「ワニぼう」シリーズ,「おれたち、ともだち!」シリーズ,詩集「しっぽとおっぽ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内田麟太郎の関連情報