内蔵の頭(読み)うちのくらのかみ

精選版 日本国語大辞典の解説

うちのくら【内蔵】 の 頭(かみ)

内蔵寮(うちのくらのつかさ)の長官。従五位下相当の官。
※続日本紀‐天平五年(733)一二月庚申「従五位下路真人虫麻呂為内蔵頭
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「うちのくらのかみにて、くら人にぞものし給ふ」

くら【内蔵】 の 頭(かみ)

内蔵寮の長官。令制では、従五位下相当の官と定められていたが、平安時代後期には四位の人があてられた。また、天皇の側近がしばしばこの官に任ぜられた。唐名は少府監倉部郎・尚衣奉御・内府令。うちのくらのかみ。くらりょうのかみ。くらづかさのかみ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android