コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤信思 ないとう のぶもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤信思 ないとう-のぶもと

1813*-1874 江戸時代後期の大名。
文化9年12月22日生まれ。内藤信敦(のぶあつ)の3男。文政8年越後(えちご)(新潟県)村上藩主内藤家7代となる。寺社奉行,大坂城代,京都所司代をへて嘉永(かえい)4年老中。藩校克従館をおこし,三面(みおもて)川の養鮭事業を奨励した。明治7年5月14日死去。63歳。初名は信親。通称は三郎。号は鶴嶺,藤翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤信思の関連キーワード内藤信民内藤信美

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android