コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤信敦 ないとう のぶあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤信敦 ないとう-のぶあつ

1777-1825 江戸時代中期-後期の大名。
安永6年10月1日生まれ。内藤信凭(のぶより)の長男。安永10年越後(えちご)(新潟県)村上藩主内藤家6代となる。寺社奉行,若年寄,京都所司代を歴任。新川開削で新田を開発し,三面(みおもて)川の養鮭で種川(たねかわ)の制を導入した。文政8年4月8日急死。自殺説もある。49歳。幼名は徳丸。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤信敦の関連キーワード宝田蘭陵内藤信思川合又吉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android