内藤広前(読み)ないとう ひろさき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤広前 ないとう-ひろさき

1791-1866 江戸時代後期の武士,国学者。
寛政3年生まれ。幕臣。大番組与力(先手(さきて)同心とも)をつとめた。律令や国史にくわしく,のち幕府の和学講談所出役となる。文化年間,名古屋藩主の命により裏松光世の「大内裏図考証」を校訂した。慶応2年9月19日死去。76歳。江戸出身。初名広庭。通称は浜次郎。号は賢木園(さかきぞの)。著作に「国史拾遺」「尊卑分脈考証」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内藤広前

没年:慶応2.9.19(1866.10.27)
生年:寛政3(1791)
江戸後期の国学者。幕府の御先手同心。名は広庭,のち広前,通称浜次郎。号は賢木園。国史,律令に通じ,江戸の和学講談所出役となる。歴史や古典和歌の編著を多くものしたが,文化年間に尾張(名古屋)藩主の命を受けて校訂した『大内裏図考証』は,もっともよく知られている。かつて京都の公家・裏松光世が蟄居中に著した考証を補正したものである。また紀州新宮城主水野忠央のもとで編纂された『丹鶴叢書』には,黒川真頼ら幕末期の江戸を代表する国学者と共に寄与した。<著作>『大内裏図考証正誤』11巻(『故実叢書』2輯)

(ロバート・キャンベル)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の内藤広前の言及

【黒川春村】より

…清水浜臣,岸本由豆流,伴信友らと交友し,考証学を得意とした。浜臣,信友没後は内藤広前(ひろさき)(1791‐1866)と共に江都の博識をもって称せられたが,性篤実で隠逸を愛した。《淡海名寄》《歌道手引草》《音韻考証》《節用集考》《碩鼠漫筆》などその編著は膨大な数にのぼっている。…

※「内藤広前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android