コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内裏図考証 だいだいりずこうしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内裏図考証
だいだいりずこうしょう

平安京の大内裏の諸宮殿,房舎や太政官,諸省の所在地,構造を中心に,京都の町並み,離宮や貴族の邸宅などについて考証研究した書物。 32巻。付録5巻。裏松光世 (1736~1804。固禅と号する) 著。光世は竹内式部と交際があったため幕府に忌まれ,宝暦8 (1758) 年朝廷への出仕を止められた。以降蟄居 (ちっきょ) 中に執筆。その間,天明8 (88) 年に焼失した内裏の復旧工事の際,老中松平定信がこの書物を参考としたので,光世は参内を許された。寛政9 (97) 年朝廷に献上。内藤広前 (91~1866) が訂正増補し,『大内裏図』9枚を作り添付した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいだいりずこうしょう〔ダイダイリヅカウシヨウ〕【大内裏図考証】

平安京大内裏についての考証書。30巻。裏松固禅著。寛政9年(1797)完成。諸書を抄出し図を掲げ、大内裏の殿舎の位置・構造・沿革などを考証・説明したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいだいりずこうしょう【大内裏図考証】

大内裏の位置・規模・構造・沿革などを考証した書。裏松光世著。三〇巻。1788年成立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大内裏図考証
だいだいりずこうしょう

平安京大内裏の考証書。江戸後期の有職故実(ゆうそくこじつ)家裏松光世(うらまつみつよ)(法名固禅(こぜん)、1736―1804)の労作。光世は宝暦(ほうれき)事件で失脚したのち、平安時代の古儀の研究に没頭した。本書はその最大の成果である。内容は、大内裏を構成する殿舎などを中心に、位置、構造、変遷などを豊富な史料で詳細に考証し、現代でも平安京の研究に大きな影響を与えている。
 1788年(天明8)焼亡した内裏の再建にはこの研究が取り入れられ、紫宸(ししん)殿などの殿舎が平安の様式でつくられた。内裏完成後の1797年(寛政9)、朝廷の命令により30巻50冊(目録三冊を含む)の清書本を献上した光世は、その後も校訂や続編の執筆を続けた。『増訂故実叢書(そうしょ)』所収の「考証」は、光世の死後内藤広前(ひろさき)が校訂したもので、続編の一部も収められている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大内裏図考証の関連キーワード故実叢書京都御所淑景舎昭陽舎藤貞幹貞観殿平安宮飛香舎朝所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android