コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内裏図考証 だいだいりずこうしょう

4件 の用語解説(大内裏図考証の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内裏図考証
だいだいりずこうしょう

平安京の大内裏の諸宮殿,房舎や太政官,諸省の所在地,構造を中心に,京都の町並み,離宮や貴族の邸宅などについて考証研究した書物。 32巻。付録5巻。裏松光世 (1736~1804。固禅と号する) 著。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいだいりずこうしょう〔ダイダイリヅカウシヨウ〕【大内裏図考証】

平安京大内裏についての考証書。30巻。裏松固禅著。寛政9年(1797)完成。諸書を抄出し図を掲げ、大内裏の殿舎の位置・構造・沿革などを考証・説明したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいだいりずこうしょう【大内裏図考証】

大内裏の位置・規模・構造・沿革などを考証した書。裏松光世著。三〇巻。1788年成立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大内裏図考証
だいだいりずこうしょう

平安京大内裏の考証書。江戸後期の有職故実(ゆうそくこじつ)家裏松光世(うらまつみつよ)(法名固禅(こぜん)、1736―1804)の労作。光世は宝暦(ほうれき)事件で失脚したのち、平安時代の古儀の研究に没頭した。本書はその最大の成果である。内容は、大内裏を構成する殿舎などを中心に、位置、構造、変遷などを豊富な史料で詳細に考証し、現代でも平安京の研究に大きな影響を与えている。
 1788年(天明8)焼亡した内裏の再建にはこの研究が取り入れられ、紫宸(ししん)殿などの殿舎が平安の様式でつくられた。内裏完成後の1797年(寛政9)、朝廷の命令により30巻50冊(目録三冊を含む)の清書本を献上した光世は、その後も校訂や続編の執筆を続けた。『増訂故実叢書(そうしょ)』所収の「考証」は、光世の死後内藤広前(ひろさき)が校訂したもので、続編の一部も収められている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone