コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏松光世 うらまつ みつよ

7件 の用語解説(裏松光世の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

裏松光世

江戸中・後期の公卿・有職故実家。烏丸光栄の子、裏松益光の養嗣子日野資枝の兄。法名は固禅。正五位下蔵人左大弁。竹内式部等と垂加神道・尊王復古を唱えたため蟄居を命ぜられるが、『大内裏図考証』五十巻を献上、その功により赦された。宝暦勤王二十廷臣の一人。文化元年(1804)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うらまつ‐みつよ【裏松光世】

裏松固禅

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

裏松光世 うらまつ-みつよ

1736-1804 江戸時代中期-後期の有職(ゆうそく)家,公家(くげ)。
元文元年11月11日生まれ。烏丸光栄の子。宝暦8年宝暦事件に連座し,蟄居(ちっきょ)となる。その後30年にわたり平安京の内裏を研究,「大内裏図考証」を完成。これが天明8年に炎上した内裏の再興に役だち,罪をゆるされた。文化元年7月26日死去。69歳。法名は固禅。著作に「皇居年表」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

裏松光世

没年:文化1.7.29(1804.9.3)
生年:元文1.11.11(1736.12.12)
江戸中期の有職故実家。没日は一説に26日。烏丸光栄の子,のち裏松益光の養子となる。桃園天皇に仕え,延享4(1747)年従五位下,宝暦8(1758)年蔵人となる。幼時より学を好み,特に有職故実に詳しかった。王室の衰微を憤り,竹内式部,藤井右門らと尊王復古を唱えたため幕府の忌むところとなり,同8年7月蟄居を命じられた。謹慎中,平安内裏の研究に没頭。天明8(1788)年内裏炎上の際再建の諮問を受け,長年の研究成果『大内裏図考証』を示したことによって蟄居が解かれた。寛政2(1790)年の内裏竣工の際,光世は天皇に著書を献上した。10年,出家して固禅と号した。<参考文献>西井芳子「裏松固禅とその業績」(『平安博物館研究紀要』2号)

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うらまつみつよ【裏松光世】

1736‐1804(元文1‐文化1)
江戸後期の公家。有職故実家。法名は固禅。烏丸光栄の末子,裏松益光の養嗣子。1758年(宝暦8)蔵人に補されたが,竹内式部の宝暦事件に連座し出仕を止められた。以来蟄居30年,その間刻苦精励し,《大内裏図考証》《皇居年表》などの著作に従事。88年(天明8)内裏が炎上し,造営の任に当たった老中松平定信にその造詣の深さを激賞され,蟄居を解かれ諮問に応じ平安内裏の様式の再現に尽力した。【橋本 政宣】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うらまつみつよ【裏松光世】

1736~1804) 江戸中・後期の有職故実家。烏丸光栄の子。裏松益光の養子。法号、固禅。竹内式部の宝暦事件に加わり、幕府から蟄居ちつきよを命じられ、以後故実研究に専念。著「大内裏図考証」「皇居年表」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏松光世
うらまつみつよ
(1736―1804)

江戸中・後期の公家(くげ)、有職故実(ゆうそくこじつ)家。烏丸光栄(からすまるみつひで)の子として生まれ、1747年(延享4)裏松益光(ますみつ)の養子となる。58年(宝暦8)に蔵人(くろうど)、左少弁となったが、竹内式部(たけのうちしきぶ)事件(宝暦(ほうれき)事件)で辞職し、60年剃髪(ていはつ)して固禅(こぜん)と称した。辞職後は平安時代の古儀の研究に没頭し、88年(天明8)の内裏(だいり)焼失の際、彼の研究の成果が採用され、平安内裏を復原して紫宸殿(ししんでん)などが再建された。97年(寛政9)『大内裏図考証(だいだいりずこうしょう)』30巻を朝廷に献上。墓所は京都市右京区の法雲院。『皇居年表』などの著書がある。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の裏松光世の言及

【京都御所】より

紫宸殿北西に清涼殿が所在し,殿上を経て紫宸殿と長橋で結んでいる。この南ブロックの殿舎・諸門の規模と形式は1790年(寛政2)再建のときに,裏松光世(固禅)の《大内裏図考証》に基づき,平安時代内裏の古制を採用復活したが,1855年再建の現存殿舎にも踏襲された。中ブロックは東方の庭池に面して小御所,御学問所,御三間,常御殿の奥向殿舎からなり,格調の高い書院造につくる。…

※「裏松光世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

裏松光世の関連キーワード速水房常野宮定基滋野井公麗有職故実故実家有職家大塚蒼梧榊原香山土肥経平松岡行義