コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤風虎 ないとうふうこ

4件 の用語解説(内藤風虎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内藤風虎
ないとうふうこ

[生]元和5(1619).9.15. 江戸
[没]貞享2(1685).9.19.
江戸時代前期の磐城平藩主,歌人,俳人。名,義概 (よしむね) ,のち義泰。風虎は俳号。別号,風鈴軒など。左京大夫内藤露沾の父。重頼,宗因,玖也ら俳諧師と密な交遊があり,自身も俳諧をよくし,そのため平の俳諧は盛んとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤風虎 ないとう-ふうこ

内藤義概(ないとう-よしむね)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内藤風虎

没年:貞享2.9.19(1685.10.16)
生年:元和5(1619)
江戸初期の俳人,奥州磐城平(福島県いわき市)7万石の藩主。名は義概,晩年義泰と改めた。10歳代のころから和歌をたしなんだが,40歳代から俳諧に熱中,三十余巻にのぼる選集を編集し,たびたび大規模な発句合を主催。内藤家の江戸藩邸は,多くの俳人が出入りし俳諧サロンの様相を呈したが,無名時代の松尾芭蕉もこのサロンのメンバーに加えられている。延宝3(1675)年には西山宗因を江戸へ招くが,これが契機となって江戸に談林俳諧が流行するようになった。<参考文献>岡田利兵衛「内藤風虎」(『国語と国文学』34巻4号)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないとうふうこ【内藤風虎】

1619~1685) 江戸前期の俳人・歌人。奥州磐城平城主。本名、義概よしむね。その俳席は門流にかかわらず広く開かれ、江戸初期俳壇の活性化に貢献。著「桜川」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内藤風虎の関連キーワード磐城福島県いわき市泉町福島県いわき市江名福島県いわき市折戸福島県いわき市瀬戸町福島県いわき市平福島県いわき市平四ツ波福島県いわき市永崎福島県いわき市錦町福島県いわき市葉山