コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐城平藩 いわきたいらはん

4件 の用語解説(磐城平藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

いわきたいらはん【磐城平藩】

江戸時代陸奥(むつ)国磐前(いわさき)郡磐城平(現、福島県いわき市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は施政堂(しせいどう)。関ヶ原の戦い後、それまでの岩城(いわき)氏が改易(かいえき)され、1602年(慶長(けいちょう)7)、徳川家康(とくがわいえやす)の側近だった鳥居忠政とりい ただまさが10万石で入封(にゅうほう)、城の築造、城下町の整備、新田開発などを進めた。22年(元和(げんな)8)、忠政が出羽(でわ)国山形藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、上総(かずさ)国佐貫(さぬき)藩から内藤政長(まさなが)が7万石で入封、2代忠興(ただおき)が38年(寛永(かんえい)15)に総検地を行い、農政の改革に取り組んだ。しかし当初から財政難が続き、1738年(元文(げんぶん)3)には年貢減免などを要求して全藩一揆が発生した。それが原因で、47年(延享(えんきょう)4)に内藤氏は日向(ひゅうが)国延岡(のべおか)藩に転封となり、代わって常陸(ひたち)国笠間(かさま)藩主の井上正経(まさつね)が6万石で、56年(宝暦6)には井上氏の転封で、美濃(みの)国加納(かのう)藩主の安藤信成(のぶなり)が5万石で入封、以後は明治維新まで安藤氏7代が続いた。5代藩主安藤信正(のぶまさ)は1860年(万延(まんえん)1)に幕府老中(ろうじゅう)に昇進、公武合体を推進したが、62年(文久2)に尊王攘夷派の水戸浪士の襲撃を受け負傷、老中を罷免され2万石を減封された。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟に参加した。71年(明治4)の廃藩置県により磐城平県が成立、その後、平(たいら)県、磐前(いわさき)県を経て、76年福島県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

磐城平藩【いわきたいらはん】

陸奥国磐前(いわさき)郡磐城平(現,福島県いわき市)を城地とした藩。平藩ともいう。中世以来磐城地方を領有してきた岩城氏は豊臣秀吉から旧領を安堵されるが,1602年に改易
→関連項目小名浜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわきたいらはん【磐城平藩】

陸奥国磐前郡磐城平に藩庁を置いた譜代中小藩。1602年(慶長7)岩城氏の改易後,奥州太平洋岸(浜通り)南端の押えとして鳥居忠政が10万石で入封し,築城,城下町建設,08年の領内総検地,新田開発の奨励など藩体制確立に努めた。22年(元和8)内藤政長が7万石で入封し,内藤氏は6代124年に及んだ。38年(寛永15)総検地(寅の縄)を実施して確立しつつあった近世村落の状況を掌握し,夏井川上流から小川江を開削するなど農政,沿岸漁業,馬産に力を入れ,小名浜湊を窓口に江戸,大坂などとの取引を盛んにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の磐城平藩の言及

【陸奥国】より

…1664年(寛文4)上杉氏の削封によって伊達・信夫両郡は幕府領となり,その後,同地方には福島藩,梁川(やながわ)藩,桑折(こおり)藩,下手渡(しもてど)藩,下村藩などの小藩に,桑折,川俣,梁川などの幕府領が加わり複雑な入組支配(いりくみしはい)の変遷が続いた。現福島県南部も同じ傾向で,鳥居氏が山形に移封となった後の磐城平藩には譜代大名内藤氏7万石が入り,以後井上氏,安藤氏と続き,泉藩2万石が1634年(寛永11)に,湯長谷(ゆながや)藩が70年にそれぞれ磐城平藩から分知した。棚倉藩は立花氏が筑後柳河に去った後,丹羽,内藤,太田,松平,小笠原など5万~6万石の大名の転入封が続き,塙領に加えて小名浜5万石弱が1746年(延享3)に幕府領となった。…

※「磐城平藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磐城平藩の関連情報