コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵書印 ゾウショイン

デジタル大辞泉の解説

ぞうしょ‐いん〔ザウシヨ‐〕【蔵書印】

蔵書に押して、その所有を示す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蔵書印【ぞうしょいん】

蔵書家が所蔵本に押して,その所有を証明する印。中国,日本で発達。印材には玉,石,金属などを用いる。印文書体印形に工夫をこらしたものが多く,欧米の蔵書票に相当。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうしょいん【蔵書印】

書物の所蔵者が所蔵の本に押印して所有をあらわす印章。東洋に発達したもので,印材には玉,石,金属,骨,牙,貝殻,木,竹などが用いられた。日本の蔵書印で古いものは,正倉院御物にみる光明皇后(701‐760)の〈積善藤家〉〈内家私印〉などが知られ,また,横浜市の金沢称名寺の〈金沢(かねさわ)文庫〉という長方形の2種が著名である。蔵書印はだいたい蔵書家の姓か,雅号か姓名または文庫名を入れたものが多いが,ときには書物に対する希望や警句などを入れたものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうしょいん【蔵書印】

その所蔵者を明らかにするために書籍に押した印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵書印
ぞうしょいん

書籍の所有を明らかにするために、所蔵書に押捺(おうなつ)する印章をいう。蔵書票がヨーロッパで行われたのに対し、蔵書印は東洋で発達した。中国の影響を受け、わが国では奈良時代からの存在が知られており、光明(こうみょう)皇后の「積善藤家」「内家私印」や、「東大寺印」「西大寺印」が古い例である。蔵書印は明治初期まで盛んに用いられたが、書籍の伝来や価値を判定するうえで重要な資料となる場合が少なくない。印材には玉(ぎょく)・石、銅・金・銀などの金属、象牙(ぞうげ)、竹、木などが用いられたが、形態、印文、書体は多種多様である。印肉は朱、墨、緑、茶など各種のものが使われている。[朝倉治彦]
『小野則秋著『日本の蔵書印』(1977・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

蔵書印

所蔵を示すために図書に押された印影または印判.押印の目的は集書の散逸を防ぐことにあるが,自分以外の読者の目に触れることを意識しての面もある.書物に印を押す習慣は,中国から日本へ移入され普及した.印の大きさ,形状,意匠などはさまざまである.図書館の蔵書印には図書館名が彫られているが,今日では,加えて受入登録番号や受入年月などをセットして,蔵書印としたものも見られる.欧米では,蔵書印に代わるものとして蔵書票がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の蔵書印の言及

【朱印】より

…歴史的には朱印が正式とされ,略式の黒印より優位にあって,庶民階級は明治以降はじめて朱印の使用を公認された。古代の黒印は蔵書印にのみ見えるが,これは二次的な印章としての使い方である。しかし,中世前期には一次的な印章たる黒印として花押を版刻した花押印が便宜的略式印として文書に使われはじめた。…

※「蔵書印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵書印の関連キーワード図書館用品経籍訪古志野間三竹グロリエ浅草文庫内藤風虎受入業務書誌学鷹司家寄贈偽書隠印装備内典黒印朱印

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔵書印の関連情報