内部言語形式(読み)ないぶげんごけいしき(英語表記)innere Sprachform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部言語形式
ないぶげんごけいしき
innere Sprachform

K.W.v.フンボルトの用語。彼によれば,言語の形成は人間の精神的な力により,単なる伝達の手段ではなく人間性そのもののあかしであるとされる。そして外的な文法形式の背後には深い根をもつ主観的な世界観,精神的態度がひそんでいるのであり,これが内部言語形式と呼ばれる。したがって言語は言語以前に確証された真理を表現する手段ではなく,言語によってそれ以前には知られなかった真理が初めて発見されるのである。このようなフンボルトの内部言語形式の考えは後世の言語学,哲学に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android