コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部言語形式 ないぶげんごけいしきinnere Sprachform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部言語形式
ないぶげんごけいしき
innere Sprachform

K.W.v.フンボルトの用語。彼によれば,言語の形成は人間の精神的な力により,単なる伝達の手段ではなく人間性そのもののあかしであるとされる。そして外的な文法形式の背後には深い根をもつ主観的な世界観,精神的態度がひそんでいるのであり,これが内部言語形式と呼ばれる。したがって言語は言語以前に確証された真理を表現する手段ではなく,言語によってそれ以前には知られなかった真理が初めて発見されるのである。このようなフンボルトの内部言語形式の考えは後世の言語学,哲学に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android