コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内閣総理大臣顕彰 ないかくそうりだいじんけんしょう

1件 の用語解説(内閣総理大臣顕彰の意味・用語解説を検索)

勲章・褒章がわかる事典の解説

ないかくそうりだいじんけんしょう【内閣総理大臣顕彰】

国の重要施策の遂行や社会の福祉増進、文化の振興などに貢献し、とくに顕著な功績があった人を顕彰するため、内閣総理大臣が表彰するもの。佐藤栄作内閣時代の1966年(昭和41)2月に創設され、個人に限らず団体も対象となっている。総理大臣顕彰実施要項にもとづき、閣議了承を経て顕彰状と記念の盾を授与する。スポーツ選手ばかりでなく、宇宙飛行士や棋士、さらには1999年(平成11)に発生した全日空ハイジャック事件で殉職した機長、高速道路の建設や関西国際空港の開港、本州四国連絡橋の開通を担った会社や公団も顕彰されている。前人未到の記録や業績の表彰をうたう国民栄誉賞が創設されて以後は、事実上、その下位に位置づけられている。2010年大相撲力士魁皇(かいおう)が46番目の顕彰受者。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内閣総理大臣顕彰の関連キーワード社会福祉事業法社会福祉施設中小企業基本法らい予防法老人福祉法公の施設全国社会福祉協議会社会奉仕精神保健福祉普及運動文化政策部会

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内閣総理大臣顕彰の関連情報