コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民栄誉賞 こくみんえいよしょう

9件 の用語解説(国民栄誉賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民栄誉賞
こくみんえいよしょう

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治で,1977年9月,756本の本塁打新記録樹立に対し授与された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つで、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった」と認められる個人または団体に贈られる。表彰の対象分野は定められておらず、2016年9月までに、スポーツ選手や作曲家、俳優、マンガ家など幅広い分野の22人と1団体が受賞している。また同月、リオデジャネイロ五輪の女子個人種目で史上初となる4連覇を達成したレスリング選手、伊調馨に贈られることが決まった。
1977年8月、当時の福田赳夫首相が、通算本塁打の世界記録更新が目前に迫ったプロ野球選手、王貞治を表彰しようと発案した。王は同年9月に新記録を樹立し、受賞第1号となった。当時、同様の賞として内閣総理大臣顕彰が運用されていたが、表彰の対象が定められており、プロスポーツ選手の受賞歴はなかった。
これまでの受賞者には、世界5大陸最高峰に登頂した登山家・探検家の植村直己(1984年)、歌手の美空ひばり(89年)、マンガ家の長谷川町子(92年)、俳優の渥美清(96年)、映画監督の黒澤明(98年)、レスリング選手の吉田沙保里(2012年)、元プロ野球選手・監督の長嶋茂雄(13年)などがいる。偉業を達成した人物の没後に贈られることも多く、アラスカ行方不明となった植村を合わせると、美空や長谷川、渥美、黒澤など12人が死後に受賞している。団体としては、2011年、サッカーの女子ワールドカップドイツ大会で優勝した日本代表チームなでしこジャパン」に初めて贈られた。
一方で、受賞の対象となった人物が辞退したケースもある。1983年に盗塁の世界記録を更新し、「世界の盗塁王」と呼ばれたプロ野球選手(当時)福本豊は、受賞を打診されたが「国民の手本にはなれない」などとして固辞した。また現在、メジャーリーグでプレーするイチローは、2001年と04年の2回、授与が検討されたが、「今の段階で国家から表彰されるとモチベーションが低下する」などの理由で断っている。

(南 文枝 ライター/2016年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐えいよしょう〔‐エイヨシヤウ〕【国民栄誉賞】

広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者または団体の栄誉をたたえるため、内閣総理大臣が授与する賞。昭和52年(1977)創設。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治
[補説]受賞者一覧(平成28年11月現在)
受賞年名前職業
昭和52年(1977)王貞治プロ野球選手
昭和53年(1978)古賀政男作曲家
昭和59年(1984長谷川一夫映画俳優
昭和59年(1984)植村直己登山家・探検家
昭和59年(1984)山下泰裕柔道選手
昭和62年(1987)衣笠祥雄プロ野球選手
平成元年(1989)美空ひばり歌手
平成元年(1989)千代の富士貢力士
平成4年(1992)藤山一郎歌手
平成4年(1992)長谷川町子漫画家
平成5年(1993)服部良一作曲家
平成8年(1996)渥美清映画俳優
平成10年(1998)吉田正作曲家
平成10年(1998)黒沢明映画監督
平成12年(2000)高橋尚子マラソン選手
平成20年(2008)遠藤実作曲家
平成21年(2009)森光子女優
平成21年(2009)森繁久弥俳優
平成23年(2011)なでしこジャパンサッカーチーム
平成24年(2012)吉田沙保里レスリング選手
平成25年(2013)大鵬幸喜力士
平成25年(2013)長嶋茂雄プロ野球選手
平成25年(2013)松井秀喜プロ野球選手
平成28年(2016)伊調馨レスリング選手

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国民栄誉賞【こくみんえいよしょう】

内閣総理大臣表彰の一つ。〈広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えた人物〉に対する表彰で,1977年福田赳夫内閣が設定。同年の第1回受賞者はプロ野球の通算最多本塁打世界記録を達成した王貞治
→関連項目松井秀喜吉田沙保里

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんえいよしょう【国民栄誉賞】

〈広く各界各層の国民に敬愛される人柄を持ち,かつ広く国民に親しみのある分野で前人未到の業績をあげ,社会に明るい希望と話題を与えた人物〉に対する表彰で,内閣総理大臣の決定による。プロ野球読売ジャイアンツの王貞治が通算最多本塁打世界記録更新にあと一歩と迫った1977年8月30日の閣議の席上,福田赳夫首相が言い出したもので,王の記録(756本)達成の瞬間に初めて適用されることになり,同年9月3日に王に初めて贈られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくみんえいよしょう【国民栄誉賞】

広く各界各層の国民に敬愛される人柄をもち、かつ広く国民に親しみのある分野で前人未到の業績をあげ、社会に明るい希望と話題を与えた人に贈られる賞。1977年(昭和52)創設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典の解説

こくみんえいよしょう【国民栄誉賞】

内閣総理大臣表彰の一つ。福田赳夫内閣時代の1977年(昭和52)に創設された。「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者に対して、その栄誉を讃えることを目的」としている。プロ野球王貞治の通算本塁打世界記録更新が近づいた同年8月30日の閣議で福田首相が提唱、9月3日の新記録達成(756本)後の5日に初めて授与した。ここから、国民栄誉賞は前人未到の記録や業績を挙げた人物に与えられるというイメージがつくられることになった。受賞者には、表彰状と盾が贈られ、記念品または金一封が添えられる。受賞者は、総理大臣が有識者の意見を参考に決定する。賞の目的から国民によく知られた人が選ばれる半面、明確な基準が設けられていないために恣意性がぬぐえず、当初から内閣の人気取りとの批判がつきまとっている。2011年(平成23)までの30年余で受賞は18名と1団体である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

国民栄誉賞

広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった人の栄誉を讃えることを目的とした、内閣総理大臣表彰の1つ。1966年に創設されていた内閣総理大臣顕彰は表彰範囲が定められており、スポーツ選手などは賞されなかったが、77年、当時の福田赳夫総理が王貞治(プロ野球選手)を表彰するために設置した。これまで18人と1団体が受賞しており、古賀正夫(作曲家)、山下泰裕(柔道家)、美空ひばり(歌手)、渥美清(俳優)、黒澤明(映画監督)、2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表など、著名な人々が受賞している。

(2012-10-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民栄誉賞
こくみんえいよしょう

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年(昭和52)8月30日内閣総理大臣の決裁により設けられた。この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉をたたえることを目的として設立された。表彰にあたっては、表彰状および盾が授与され、記念品または金一封を添えることができることとなっている。[内閣総理大臣官房人事課]

資料 国民栄誉賞受賞者

 カッコ内は表彰年月。内閣府資料をもとに作成
1 王貞治(1977年9月)
  ホームラン新記録達成の功
2 古賀政男(1978年8月)
  「古賀メロディー」作曲による実績
3 長谷川一夫(1984年4月)
  真摯な精進、卓越した演技と映画演劇界への貢献の功
4 植村直己(1984年4月)
  世界五大陸最高峰登頂などの功
5 山下泰裕(1984年10月)
  柔道における真摯な精進、前人未到の記録達成の功
6 衣笠祥雄(1987年6月)
  野球における真摯な精進、前人未到の記録達成の功
7 加藤和枝(美空ひばり)(1989年7月)
  真摯な精進、歌謡曲を通じて国民に夢と希望を与えた功
8 秋元貢(横綱千代の富士)(1989年9月)
  真摯な精進、相撲界への著しい貢献の功
9 増永丈夫(藤山一郎)(1992年5月)
  歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与えた功、美しい日本語の普及に貢献
10 長谷川町子(1992年7月)
  家庭漫画を通じて戦後の我が国社会に潤いと安らぎを与えた功
11 服部良一(1993年2月)
  数多くの歌謡曲を作り国民に希望と潤いを与えた功
12 田所康雄(渥美清)(1996年9月)
  映画『男はつらいよ』シリーズを通じ人情味豊かな演技で広く国民に喜びと潤いを与えた功
13 吉田正(1998年7月)
  「吉田メロディー」の作曲により国民に夢と希望と潤いを与えた功
14 黒澤明(1998年10月)
  数々の不朽の名作によって国民に深い感動を与えるとともに世界の映画史に輝かしい足跡を残した功
15 高橋尚子(2000年10月)
  2000年シドニーオリンピック女子マラソンで優勝。陸上競技で日本女子選手初の金メダルを獲得し、国民に深い感動と勇気を与えた功
16 遠藤実(2009年1月)
  世代を超えて長く愛唱される名曲を数多く作曲し、国民に夢と希望と潤いを与えた功
17 村上美津(森光子)(2009年7月)
  舞台『放浪記』において2000回を超える主演を勤めるなど永年にわたり多彩な活躍をし、国民に夢と希望と潤いを与えた功
18 森繁久弥(2009年12月)
  映画、演劇、放送の各分野において永年にわたり第一線で活躍し、数多くの優れた演技と歌唱により国民に夢と希望と潤いを与えた功
19 FIFA女子ワールドカップドイツ2011日本女子代表チーム(2011年8月)
  「なでしこジャパン」の愛称そのままに日本女性の素晴らしさを存分に世界に示し、東日本大震災の災禍から立ち上がらんとする被災者とすべての国民に勇気と感動を与えた功
20 吉田沙保里(2012年11月)
  世界選手権大会、オリンピック競技大会を通じて世界大会13連覇というレスリング競技史上前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民に深い感動と社会に明るい希望と勇気を与えた功
21 納谷幸喜(元・横綱大鵬)(2013年2月)
  大相撲史上最多となる32回の幕内優勝などの輝かしい功績を残し、国民的な英雄として社会に明るい夢と希望と勇気を与えた功
22 長嶋茂雄(2013年5月)
  我が国の野球史上に残る輝かしい功績と顕著な貢献、国民的スターとして国民に深い感動と社会に明るい夢と希望を与えた功
23 松井秀喜(2013年5月)
  野球界に世界的な功績と新たな足跡を残し社会に大きな感動と喜び、青少年に明るい夢と希望を与えた功

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民栄誉賞の関連キーワード国民国民文学薄明るい希望的国父数字に明るい大詔仄明るい希望学デンマーク国民社会主義労働者党

国民栄誉賞の関連情報