コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円冏 えんげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円冏 えんげい

1634-1706 江戸時代前期の僧。
寛永11年生まれ。江戸の浄土宗霊巌寺の珂山について出家。のち下総(しもうさ)小金(千葉県)の東漸寺をへて,京都の百万遍知恩寺住職となる。念仏行に徹し,百万遍念仏二十余回におよんだという。宝永3年9月15日死去。73歳。京都出身。号は信蓮社玄誉無為。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円冏の関連キーワード徳川家光コルネイユ(Pierre Corneille)カスパルカスパルイーブリンイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ清水貞徳

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android