コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円浄 えんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円浄 えんじょう

1189-1256 鎌倉時代の僧。
文治(ぶんじ)5年生まれ。近衛基通(このえ-もとみち)の子。天台宗恒恵(ごうえ)のもとで受戒貞永(じょうえい)元年近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の長吏。寛元5年平等院執印となった。建長8年4月19日死去。68歳。通称は円満院大僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円浄の関連キーワード極道の妻たち後水尾天皇鎌倉時代活宗洞猊盧山寺廬山寺正為学信文治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円浄の関連情報