コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円覚経 エンガクキョウ

デジタル大辞泉の解説

えんがく‐きょう〔ヱンガクキヤウ〕【円覚経】

大乗経典。1巻。唐の仏陀多羅(ぶっだたら)訳とされるが、偽経(ぎきょう)ともいわれる。大乗円頓(えんどん)の教理観行(かんぎょう)の実践を説く。注釈書も多い。大方広円覚修多羅了義経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんがくきょう【円覚経】

円覚を主題とする仏教経典の名称。中国選述の偽経かといわれるが、禅宗などで多く用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

円覚経の関連キーワード禅源諸詮集都序円覚寺境内大乗経典雪村友梅竺仙梵僊夢東際醒禅宗主題名称宗密懺法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円覚経の関連情報