コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冊子絵 そうしえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冊子絵
そうしえ

紙絵の一形式で,粘葉装 (でっちょうそう) あるいは胡蝶装で帖の形に整えたもの。平安時代に始る。本文の間に絵を加える挿絵式のものや,料紙下絵式のもの,絵のみを綴合せ本文は別冊とするものなどがある。『源氏物語絵巻』東屋第1段には,別冊の本文を読上げる侍女のかたわらで,浮舟が冊子の絵に見入っている様子が描かれているが,物語絵や歌絵は絵巻以外にこの冊子絵という形式でも多く作られ愛好されたらしい。『観普賢経冊子絵』 (五島美術館) は歌絵の作例でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

冊子絵の関連キーワード平安時代の美術源氏絵説話画絵所紙絵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android