コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌絵 うたえ

5件 の用語解説(歌絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌絵
うたえ

平安時代の物語や日記に散見する言葉で,物語絵や日記絵に対し,和歌の歌意を造形化した絵画をさす。多くは小品画であったらしい。平安時代のやまと絵は元来,和歌と密接な関連をもち,なかでも月次絵 (つきなみえ) ,名所絵を描いた屏風絵や障子絵は,和歌を伴う場合が多いが,これらは特に歌絵とは呼ばれていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うた‐え〔‐ヱ〕【歌絵】

和歌の内容を表現した絵。平安時代に流行。歌を書き添えてある場合が多い。
「葦手(あしで)、―などを思ひ思ひに書け」〈・梅枝〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うたえ【歌絵】

平安時代の絵画用語。歌に詠まれた情景を絵画化し,そこに歌の心ばえや情趣を表出させたもの。平安時代のやまと絵は和歌と密接なかかわりをもって展開した。ただし,四季おりおりの景物や名所風景を描く屛風絵,障子絵は原則として歌を伴っているが,これらは歌絵とは呼ばれていない。歌絵はとくに小品画を指す用語であったと考えられる。入内調度や絵合のような晴れがましい場に出される歌絵は,一流の専門画人や書家の筆で美麗にしつらえられ,また画技に自信のある素人がすさび事として描く場合もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うたえ【歌絵】

一首の歌の内容を表した絵。平安時代に行われ、絵と歌の書かれたものが多いが、絵だけのものもある。 「扇調じて-かかせ侍りける/後撰 離別詞

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌絵
うたえ

和歌の内容を絵画化し、これに和歌を書き加えたもの。平安朝貴族の耽美(たんび)性を発揮したもので、葦手(あしで)とともに遊戯的な一面を有し、冊子や扇面などに書かれた。『源氏物語』(「梅枝(うめがえ)」)には、「葦手・歌絵などを、思ひ思ひに書け」とあり、「葦手歌絵」を一語とみるかどうか問題にされてきたが、「葦手歌絵」と連続して用いる例はこれ以外にみえない。『源氏物語』の注釈書『岷江入楚(みんごうにっそ)』には、「あしで歌絵は、絵の中を文字に作りたるものなり」と、「葦手歌絵」を一語とみるが、さらに注に他説を引き、「あしでとは葦などを下絵に書(かき)、文字をかきそへたるなり。歌絵とは、やと云(い)へば、矢を画(え)にかき、わといへば、輪をかき、にといふに荷を画にかく也(なり)」と、葦手と歌絵を区別して説明する。のちに、歌絵の意味は、賀茂真淵(かもまぶち)の『源氏物語新釈』に、「歌絵といふは歌の意を常の絵に書きて歌をも常ざまに書き加ふるを云ふ」とする見方が通説とされたが、ほかにも諸説があって定説をみない。
 葦手は、書体の一つとして『うつほ物語』などにその名を掲げるが、一方の歌絵は、『栄花物語』(巻第6・「かがやく藤壺(ふじつぼ)」)に、彰子入内(しょうしじゅだい)の調度品として、「弘高(ひろたか)が歌絵かきたる冊子に、行成(ゆきなり)の君の歌書きたるなど」とあり、歌と絵が別々に書かれたようすを知るとともに、文字と絵を組み合わせて水辺の景観などに字隠しをした葦手とは別種のものと判明する。つまり、和歌に挿絵を添えたものが歌絵であると推定される。[古谷 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌絵の関連キーワード唐絵六玉川名所絵粟津歌境画用紙菅薦俳枕グラフィティ巻向山

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌絵の関連情報