コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌絵 うたえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌絵
うたえ

平安時代の物語や日記に散見する言葉で,物語絵や日記絵に対し,和歌歌意を造形化した絵画をさす。多くは小品画であったらしい。平安時代やまと絵は元来,和歌と密接な関連をもち,なかでも月次絵 (つきなみえ) ,名所絵を描いた屏風絵や障子絵は,和歌を伴う場合が多いが,これらは特に歌絵とは呼ばれていない。現存する代表的な作例は五島美術館蔵の『観普賢経冊子』中にみられる。また和歌の情趣やそこに詠まれた情景を造形化するだけでなく,「わ」を「片輪車」,「に」を「荷」で表わすなど葦手絵手法で絵のなかに歌を隠す判じ絵的なものも作られた。永治1 (1141) 年頃の『久能寺経見返絵』は薬草喩品の経意をこの葦手歌絵の手法で表わしたものとして名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うた‐え〔‐ヱ〕【歌絵】

和歌の内容を表現した絵。平安時代に流行。歌を書き添えてある場合が多い。
「葦手(あしで)、―などを思ひ思ひに書け」〈・梅枝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うたえ【歌絵】

平安時代の絵画用語。歌に詠まれた情景を絵画化し,そこに歌の心ばえや情趣を表出させたもの。平安時代のやまと絵は和歌と密接なかかわりをもって展開した。ただし,四季おりおりの景物や名所風景を描く屛風絵,障子絵は原則として歌を伴っているが,これらは歌絵とは呼ばれていない。歌絵はとくに小品画を指す用語であったと考えられる。入内調度や絵合のような晴れがましい場に出される歌絵は,一流の専門画人や書家の筆で美麗にしつらえられ,また画技に自信のある素人がすさび事として描く場合もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うたえ【歌絵】

一首の歌の内容を表した絵。平安時代に行われ、絵と歌の書かれたものが多いが、絵だけのものもある。 「扇調じて-かかせ侍りける/後撰 離別詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌絵
うたえ

和歌の内容を絵画化し、これに和歌を書き加えたもの。平安朝貴族の耽美(たんび)性を発揮したもので、葦手(あしで)とともに遊戯的な一面を有し、冊子や扇面などに書かれた。『源氏物語』(「梅枝(うめがえ)」)には、「葦手・歌絵などを、思ひ思ひに書け」とあり、「葦手歌絵」を一語とみるかどうか問題にされてきたが、「葦手歌絵」と連続して用いる例はこれ以外にみえない。『源氏物語』の注釈書『岷江入楚(みんごうにっそ)』には、「あしで歌絵は、絵の中を文字に作りたるものなり」と、「葦手歌絵」を一語とみるが、さらに注に他説を引き、「あしでとは葦などを下絵に書(かき)、文字をかきそへたるなり。歌絵とは、やと云(い)へば、矢を画(え)にかき、わといへば、輪をかき、にといふに荷を画にかく也(なり)」と、葦手と歌絵を区別して説明する。のちに、歌絵の意味は、賀茂真淵(かもまぶち)の『源氏物語新釈』に、「歌絵といふは歌の意を常の絵に書きて歌をも常ざまに書き加ふるを云ふ」とする見方が通説とされたが、ほかにも諸説があって定説をみない。
 葦手は、書体の一つとして『うつほ物語』などにその名を掲げるが、一方の歌絵は、『栄花物語』(巻第6・「かがやく藤壺(ふじつぼ)」)に、彰子入内(しょうしじゅだい)の調度品として、「弘高(ひろたか)が歌絵かきたる冊子に、行成(ゆきなり)の君の歌書きたるなど」とあり、歌と絵が別々に書かれたようすを知るとともに、文字と絵を組み合わせて水辺の景観などに字隠しをした葦手とは別種のものと判明する。つまり、和歌に挿絵を添えたものが歌絵であると推定される。[古谷 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌絵の関連キーワード喜多川歌麿(初代)得閑斎(3代)一遍上人絵伝冨嶽三十六景喜多川歌麿松花堂昭乗平田小百合穂花れいか長瀬美津木芦沢統人尾形乾山抱亭五清朱楽菅江葛飾北斎根本正勝魚屋北渓高丘桜子山東京伝豆腐小僧巨勢弘高

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌絵の関連情報