別冊(読み)ベッサツ

デジタル大辞泉の解説

べっ‐さつ【別冊】

雑誌・双書・全書などの付録として別にまとめられた本。「別冊として索引をつける」「別冊付録」
定期刊行物とは別に臨時に刊行されたもの。「別冊新学期特別号」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べっさつ【別冊】

書物の付録として別にとじた冊子。また、雑誌などで、定期的に刊行される本誌とは別に臨時につくったもの。 「 -付録」 「夏季-特集号」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べっ‐さつ【別冊】

〘名〙 ある書物の本体とは別に添えた書物。別にとじた冊子。また、雑誌などの臨時あるいは付録として、本誌とは別に製本したもの。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「別冊(ベッサツ)二本鎌次郎和蘭陀留学中苦学致し候海律書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別冊の関連情報