再校(読み)サイコウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐こう〔‐カウ〕【再校】

[名](スル)
印刷で、初校に次ぐ二度目の校正。また、その正紙。二校
二度目の校合。また、出版物を調べなおして再び出版すること。
「此書は、既に英国並びに他国に博く行わるるものを―するものなり」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいこう【再校】

初校に次ぐ二度目の校正。また、その校正刷り。二校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐こう ‥カウ【再校】

〘名〙
① (━する) 引き合わせてもう一度調べること。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「是等の法則は議事院にて再挍改正すべし」
② (━する) 一度出版したものを調べ直して再び出版すること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉自助論原序「此書は、既に英国並びに他国に博く行はるるものを再校するものなり」
③ 印刷で、二度目の校正。また、その校正紙。
※鸚鵡石(1907)〈森鴎外〉「又直して遣って再校を取って見た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の再校の言及

【校正】より

…これを初校という。第1回目の校正,すなわち初校がすむと,その校正刷りには〈要再校〉と記して印刷所に返され,第2回目を再校,第3回目を三校と呼び,必要に応じて回数が重ねられる。かくて校正が完了した場合,これを校了といい,校了にするにあたり,とくに一部分に残存する訂正個所を念のために見る校正を念校,印刷所に差換えの責任を負わせて校了にするものを責任校了,略して責了と呼ぶ。…

※「再校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再校の関連情報