コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田大峰 つかだたいほう

1件 の用語解説(冢田大峰の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

冢田大峰【つかだたいほう】

江戸後期の儒学者。通称は多門。1811年尾張(おわり)名古屋藩の藩儒となり,のち明倫堂督学。寛政異学の禁に当たり,上書してその不可を論じた。著書《学語》《滑川談(なめりかわだん)》《大峰詩集》《大峰文集》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

冢田大峰の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記自伝自伝文学アストリア稲村三伯燕石雑志

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone