コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田大峰 つかだたいほう

1件 の用語解説(冢田大峰の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

冢田大峰【つかだたいほう】

江戸後期の儒学者。通称は多門。1811年尾張(おわり)名古屋藩の藩儒となり,のち明倫堂督学。寛政異学の禁に当たり,上書してその不可を論じた。著書《学語》《滑川談(なめりかわだん)》《大峰詩集》《大峰文集》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

冢田大峰の関連キーワード生田萬森鼎中野龍田越智高洲漢儒金谷武英蒲田多門瀬川菊之丞(5代)細野要斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone