コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田旭嶺 つかだ きょくれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冢田旭嶺 つかだ-きょくれい

1698-1768* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)11年生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。16歳で江戸にでて室鳩巣(むろ-きゅうそう),新井白石,雨森芳洲にまなぶ。のち帰郷して家業の医業のかたわら生徒に教授した。明和4年12月12日死去。70歳。名は行宜。字(あざな)は延美。著作に「桜邑閑語」「信濃小志稿草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

冢田旭嶺の関連キーワード儒者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android