コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田旭嶺 つかだ きょくれい

1件 の用語解説(冢田旭嶺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冢田旭嶺 つかだ-きょくれい

1698-1768* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)11年生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。16歳で江戸にでて室鳩巣(むろ-きゅうそう),新井白石,雨森芳洲にまなぶ。のち帰郷して家業の医業のかたわら生徒に教授した。明和4年12月12日死去。70歳。名は行宜。字(あざな)は延美。著作に「桜邑閑語」「信濃小志稿草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

冢田旭嶺の関連キーワードクライアー福山藩斑糲岩伊藤信徳宇野明霞木下順庵傾城浅間嶽佐々十竹続猿蓑多田南嶺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone