冥顕(読み)ミョウケン

デジタル大辞泉の解説

みょう‐けん〔ミヤウ‐〕【冥顕】

《「みょうげん」とも》冥界と顕界。死後の世界と現実の娑婆(しゃば)世界。
「―につけてその恐れ少なからず候」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうげん【冥顕】

冥界と顕界。 「 -につけてその恐れ少なからず候/平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐けん ミャウ‥【冥顕】

〘名〙 見聞きできないものと見聞きできるもの。目に見えないはたらきと目に見えるはたらき。
※玉葉‐嘉応二年(1170)二月八日「以私事申延厳重之神事之条、付冥顕恐」
※太平記(14C後)二四「此の如の御願は、只冥顕(ミャウケン)の帰する所に任さ被る可きにて候へば」 〔法華玄義‐六上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android