コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬牡丹 フユボタン

デジタル大辞泉の解説

ふゆ‐ぼたん【冬×牡丹】

寒牡丹(かんぼたん)」に同じ。 冬》「―千鳥よ雪のほととぎす/芭蕉
火のさかんにおこっているのを牡丹の花にたとえて、火鉢をいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふゆぼたん【冬牡丹】

寒牡丹かんぼたん」に同じ。 [季] 冬。
〔炭火を牡丹の花にたとえたものという〕 火鉢の異名。 〔俚言集覧〕
イノシシ肉の異名。ぼたん。 「冷症で廿日ほど食ふ-/柳多留 92

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

冬牡丹 (フユボタン)

植物。ボタン科の園芸植物カンボタン別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

冬牡丹の関連キーワード桑原女媒伍 芳寒牡丹柳多留千鳥異名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬牡丹の関連情報