コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬羽 フユバネ

デジタル大辞泉の解説

ふゆ‐ばね【冬羽】

鳥の冬の羽。夏の終わりごろに換羽を行ったあとの羽。→夏羽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふゆばね【冬羽】

冬に見られる鳥の羽衣うい。多くの鳥では非生殖羽に一致する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬羽
ふゆばね

鳥が秋から冬にかけての季節にもつ羽毛をいう。一般に換羽によって夏羽から羽色が変わるが、羽毛の先端が擦り切れて変わる場合もある。夏羽よりもじみなことが多い。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冬羽の関連キーワードユキホオジロ(雪頰白)オオジュリン(大寿林)アカエリカイツブリオオハム(大波武)ライチョウ(雷鳥)ヘラサギ(篦鷺)ダイゼン(大膳)ノビタキ(野鶲)オオメダイチドリムナグロ(胸黒)ウミバト(海鳩)アトリ(花鶏)百合鴎・百合鷗チドリ(千鳥)オオハシシギオオアジサシオオジュリンライチョウユリカモメコオリガモ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬羽の関連情報