冬羽(読み)フユバネ

大辞林 第三版の解説

ふゆばね【冬羽】

冬に見られる鳥の羽衣うい。多くの鳥では非生殖羽に一致する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬羽
ふゆばね

鳥が秋から冬にかけての季節にもつ羽毛をいう。一般に換羽によって夏羽から羽色が変わるが、羽毛の先端が擦り切れて変わる場合もある。夏羽よりもじみなことが多い。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふゆ‐ばね【冬羽】

〘名〙 類の羽色が春夏と秋冬とで異なる場合の秋冬の羽色。また、その羽毛。夏羽に比べて地味。ふゆば。
※随筆たぬき汁(1941)〈佐藤垢石〉みやこ鳥「ゆりかもめは、〈略〉冬羽は、耳羽だけに暗褐色の班点があって美しい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬羽の関連情報