冬羽(読み)フユバネ

大辞林 第三版の解説

ふゆばね【冬羽】

冬に見られる鳥の羽衣うい。多くの鳥では非生殖羽に一致する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬羽
ふゆばね

鳥が秋から冬にかけての季節にもつ羽毛をいう。一般に換羽によって夏羽から羽色が変わるが、羽毛の先端が擦り切れて変わる場合もある。夏羽よりもじみなことが多い。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬羽の関連情報