冷汗(読み)レイカン

精選版 日本国語大辞典の解説

ひや‐あせ【冷汗】

〘名〙 恥じ、恐れ、また、気遣いなどのはなはだしい時に出る冷たい。れいかん。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三三「勿躰なし斉の言葉の其上に ひや汗流す玉のきざはし」

れい‐かん【冷汗】

〘名〙 暑くもないのに出る汗。恥じたり、恐れたりする場合などに出る汗。ひやあせ。
医学天正記(1607)乾上「傷風、寒熱戦慄、頭痛嘔吐汗、脉浮緩、解肌湯 桂枝湯に加陳半。寒熱退、冷汗眩暈、大便瀉難持、加蓍朮参

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷汗の関連情報