冷や汗(読み)ヒヤアセ

大辞林 第三版の解説

ひやあせ【冷や汗】

恥ずかしいとき、恐ろしいとき、緊張したときなどに出る汗。 「 -ものの勝利」
[句項目] 冷や汗をかく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷や汗
ひやあせ

冷汗(れいかん)ともいい、ぞっとするような寒気を伴うところから名づけられたもので、生理的には精神性発汗に属する。
 臨床的にはショック時の冷や汗がある。大出血などで血圧が急激に低下したときにみられるものは、放置すると生命の危険がある。また、献血などで血液をとられたとき急に脳貧血をおこし、目の前が暗くなるとともに冷や汗が出ることがある。これは一過性のショックで、30分くらい安静にしていれば回復する。冷や汗は一種の自律神経症状ともみられるので、持続的あるいは再三経験したり、全身症状を伴うような場合は医師の診療が必要である。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の冷や汗の言及

【汗】より

… 関節リウマチや粟粒(ぞくりゆう)結核では発熱中に汗をかき,多くの急性熱病では下熱時に汗をかく。ヒッポクラテスは,つとに汗に注意し,高熱時に冷や汗が出ると死に,微熱と冷や汗があれば病気は長びくといったり,汗をかいている身体部位に病気があるなどといい,病気と発汗との因果関係をみようとした(《箴言集》その他)。暑気に負けて熱射病になると汗が出なくなるが,発汗停止は熱射病の原因ではなく,発汗中枢の麻痺を示す危険な徴候の一つである。…

※「冷や汗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷や汗の関連情報