コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉五郎 れいぜい ごろう

1件 の用語解説(冷泉五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉五郎 れいぜい-ごろう

1841-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。砲術を江川太郎左衛門に,剣術を斎藤弥九郎にまなび,帰藩後兵制改革にあたる。元治(げんじ)2年の藩内抗争に際し,中立派の鎮静会にくわわり,藩主に藩論統一を建白。香川半助らと山口の諸隊をおとずれて調停をすすめる。その帰途の同年2月11日恭順派に暗殺された。25歳。本姓は井上。名は綏豊(やすとも)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

冷泉五郎の関連キーワード安藤杢之進市川豊次島田勝摩世木騎六玉木彦助寺尾権平新納八郎二樋口良好藤村太郎槙島錠之助

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone