冷泉為紀(読み)れいぜい ためもと

美術人名辞典の解説

冷泉為紀

歌人・公卿・正二位伯爵。冷泉家22世。京都生。冷泉為理の子、入江為守の兄。宮内省御用掛御歌所参候・伊勢神宮大宮司等を歴任する。明治38年(1905)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為紀 れいぜい-ためもと

1854-1905 明治時代の華族。
嘉永(かえい)7年1月11日生まれ。冷泉為理(ためただ)の子。宮内省御用掛,御歌所参候,伊勢神宮大宮司などをつとめる。明治23年貴族院議員。有職(ゆうそく)故実に精通し,神前結婚式の創始に貢献した。伯爵。明治38年11月24日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android