コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参候 サンコウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐こう【参候】

[名](スル)
貴人のもとに行って機嫌をうかがうこと。伺候。
「京都に出て、直ちに白河家に―し」〈藤村夜明け前
宮内省御歌所の職員。歌御会の事務を扱った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんこう【参候】

高貴な人のもとに参上し、御機嫌をうかがうこと。 「忠盛に知られずして、ひそかに-の条、力及ばざる次第なり/平家 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

参候の関連キーワード可く杯・可く盃綾小路 有良宮地 厳夫金子 有道西四辻公業唐橋 在正綾小路有良須川 信行水野 忠敬設楽(町)清閑寺経房前田 利鬯小杉榲邨竹屋光昭金子有道松尾大社佐藤業時唐橋在正荻原巌雄尾崎宍夫

参候の関連情報