コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷温停止状態 レイオンテイシジョウタイ

2件 の用語解説(冷温停止状態の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいおんていし‐じょうたい〔レイヲンテイシジヤウタイ〕【冷温停止状態】

原子炉冷温停止を維持していること。平成23年(2011)3月に発生した福島第一原発事故の収束に向けた取り組みにおいて、冷温停止状態の要件は、(1)圧力容器底部の温度がおおむねセ氏100度以下になっていること、(2)格納容器からの放射性物質の放出を管理し、追加的な放射線放出による公衆被曝線量を大幅に抑制していること、(3)これらの条件を維持するため、循環注水冷却システムの中期的安全が確保されていること、と定義され、同年12月16日、原子力災害対策本部は、炉心溶融を起こした1~3号機がすべて冷温停止状態に達したことを発表した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

冷温停止状態

冷温停止は通常の原発の運転管理で使う言葉で原子炉を停止し水温が100度未満になった状態を指す。政府は今回、(1)圧力容器底部の温度がおおむね100度以下(2)大気への放射能の漏れを大幅に抑える、の2条件を設けて「冷温停止状態」と呼ぶことにした。

(2012-02-07 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷温停止状態の関連キーワード非均質炉冷温停止原子炉衛星原子炉隔離時冷却系高温停止再臨界低温停止炉水体熱中性子吸収材

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冷温停止状態の関連情報