コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准摂政 ジュンセッショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐せっしょう〔‐セツシヤウ〕【准摂政】

平安時代の臨時の職名摂政でない臣に、叙位除目(じもく)などの政務を摂政に準じた資格で行うように命じたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんせっしょう【准摂政】

摂政に準じて政務を行うこと。また、その人。天皇が政務を行えないとき、関白あるいは大臣に宣旨を下して政務儀式の中の一部分を摂政に準じて行わせた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

准摂政の関連キーワード平安時代関白宣旨

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android