百練抄(読み)ひゃくれんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「百練抄」の解説

百練抄
ひゃくれんしょう

編年体の通史。17巻。編者未詳。13世紀後期の成立か。書名は中国唐代の詩人白楽天(はくらくてん)の詩『百錬鏡』からとったものであるが、日本では『百練抄』と書き慣(なら)わしてきている。巻四冷泉(れいぜい)天皇(10世紀中期)から最終巻亀山(かめやま)天皇即位(1259)までが現存している。記事には京都やその周辺の事柄が多く、鎌倉幕府や地方のことには詳しくない。先行の歴史書や、貴族の日記、年代記などを参照しながら抜粋して編修したらしい。1304年(嘉元2)鎌倉幕府の執権で金沢文庫の発展に尽力した金沢(かねさわ)(北条)貞顕(さだあき)がこれを書写したことがある。『国史大系』所収。

[益田 宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android