コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍て/冱て イテ

デジタル大辞泉の解説

いて【凍て/×冱て】

《動詞「い(凍)つ」の連用形から》寒気でこおりつくこと。こおったように感じられること。 冬》「庭草のよごれしままに風の―/白雄
「偶々(たまたま)咲懸ッた恋の蕾も、事情というおもわぬ―にかじけて」〈二葉亭浮雲
[補説]現代語としては「凍て雲」「凍て蝶」「凍て土」「凍て鶴」「凍て蠅」など複合語として使われることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

凍て/冱ての関連キーワードナンシー ピカードアナと雪の女王タスマン氷河トレントン凍て緩むノックス庭草ムロ鮟鱇

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android