コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍て/冱て イテ

デジタル大辞泉の解説

いて【凍て/×冱て】

《動詞「い(凍)つ」の連用形から》寒気でこおりつくこと。こおったように感じられること。 冬》「庭草のよごれしままに風の―/白雄
「偶々(たまたま)咲懸ッた恋の蕾も、事情というおもわぬ―にかじけて」〈二葉亭浮雲
[補説]現代語としては「凍て雲」「凍て蝶」「凍て土」「凍て鶴」「凍て蠅」など複合語として使われることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

凍て/冱ての関連キーワードナンシー ピカードアナと雪の女王タスマン氷河トレントン凍て緩むノックス庭草ムロ鮟鱇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android