コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処断 ショダン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐だん【処断】

[名](スル)さばいて、はっきり結論を出すこと。きっぱりと決定し処理すること。「処断を下す」「事件の責任者を処断する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょだん【処断】

( 名 ) スル
決断を下すこと。きまりをつけること。 「法に照らして-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

処断の関連キーワードルブラン(Albert Lebrun)少年への死刑適用と永山基準泣いて馬謖を斬る建造物損壊罪大犯三箇条大塩平八郎観念的競合阿閉権之丞逮捕監禁罪高宗[唐]治安維持法尊属殺人異端審問越後騒動紀古佐美熱原法難山内豊信情状酌量会津騒動間接正犯

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処断の関連情報