処断(読み)しょだん

精選版 日本国語大辞典「処断」の解説

しょ‐だん【処断】

〘名〙 さばいて決定すること。裁決すること。
※令義解(718)「但本罪応奏。疑。及経断不伏者。亦衆議量定」
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一一「此事件にして成就せば、数万の報酬を得んこと容易なれば、其上にて総て花々しく処断すべし」 〔晉書‐王渾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「処断」の解説

しょ‐だん【処断】

[名](スル)さばいて、はっきり結論を出すこと。きっぱりと決定し処理すること。「処断を下す」「事件の責任者を処断する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android