コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【処】

[語素]《「が」とも》名詞または動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「奥」「山(やまが)」「すみ」「隠れ(かくれが)」

く【処/所】

[語素]名詞、または、それに準じるもの、動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「いず―」「こもり―」
[補説]「すみか」の「か」、「どこ」の「こ」と同語源と考えられる。

こ【処】

[語素]名詞・代名詞の下に付いて、場所の意を表す。「こ」「そ」「いず

しょ【処〔處〕】[漢字項目]

[音]ショ(漢) [訓]おる おく ところ
学習漢字]6年
ある場所に身をおく。おる。「処世
世の中に出ないで家にいる。「処士処女出処
物事をしかるべく取りさばく。「処刑処断処置処罰処分処方処理善処対処
ところ。場所。「処処死処随処
[名のり]おき・さだむ・すみ・ふさ・やす
[難読]在り処(か)何処(いずこ)何処(どこ)彼処(かしこ)彼処(あそこ)此処(ここ)住み処(か)止め処(ど)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

か【処】

名詞または動詞の連用形の下に付いて、場所の意を表す。ところ。 「あり-」 「住み-」 「奥-」 「山-やまが

こ【処】

( 接尾 )
名詞・代名詞に付いて、その場所を表す。 「こ-」 「そ-」 「あそ-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

処の関連キーワード其処に山があるから静岡県下田市蓮台寺栃木県下野市絹板そんじょ其処ら止め処も無い迚ものことにようか但馬蔵湖処子詩集原田棟一郎日没する処山紫水明処止め処無い其処ら辺り普円国師其処彼処成り余る塩谷鼎助成り成る其処いら剣樹地獄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処の関連情報