(読み)しょする

精選版 日本国語大辞典「処」の解説

しょ‐・する【処】

[1] 〘自サ変〙 しょ・す 〘自サ変〙 身を置く。その場に身を置いて、それに応じた行動をとる。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)一「菩薩の、しかも比丘となり、ひとり閑静に処(ショ)して、ねがひて経典を誦するをみる」
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉人生「我我は母の胎内にゐた時、人生に処(ショ)する道を学んだであらうか?」
[2] 〘他サ変〙 しょ・す 〘他サ変〙
① 処理する。とりさばく。とりはからう。きりもりする。
※本朝文粋(1060頃)一二・鉄槌伝〈羅泰〉「年及五十、杜門不人事云」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一九「実は小生に代りて事を処(ショ)せしむる為に」
② 刑罰などを与える。罰する。定める。
※令義解(833)僧尼「謂〈略〉即知僧尼犯死罪者。亦先還俗。然後処死」
※太平記(14C後)二「御帰依の高僧両三人流罪に処(ショ)せらるる事も武臣悪行の専一と云ひつべし」

か【処】

語素名詞または動詞の連用形に付いて、場所を味する。「山が」「ありか」「かくれが」「すみか」など。く。こ。
※古事記(712)中・歌謡「海賀(ガ)行けば 腰泥(なづ)大河原植草 海賀(ガ)は いさよふ」

こ【処】

〘語素〙 名詞、代名詞に付いて、その場所を表わす。「ここ」「そこ」など。

しょ‐・す【処】

[1] 〘自サ変〙 ⇒しょする(処)
[2] 〘他サ変〙 ⇒しょする(処)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「処」の解説

しょ【処〔處〕】[漢字項目]

[音]ショ(漢) [訓]おる おく ところ
学習漢字]6年
ある場所に身をおく。おる。「処世
世の中に出ないで家にいる。「処士処女出処
物事をしかるべく取りさばく。「処刑処断処置処罰処分処方処理善処対処
ところ。場所。「処処死処随処
[名のり]おき・さだむ・すみ・ふさ・やす
[難読]在り処(か)何処(いずこ)何処(どこ)彼処(かしこ)彼処(あそこ)此処(ここ)住み処(か)止め処(ど)

く【処/所】

[語素]名詞、または、それに準じるもの、動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「いず―」「こもり―」
[補説]「すみか」の「か」、「どこ」の「こ」と同語源と考えられる。

か【処】

[語素]《「が」とも》名詞または動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「奥」「山(やまが)」「すみ」「隠れ(かくれが)」

こ【処】

[語素]名詞・代名詞の下に付いて、場所の意を表す。「こ」「そ」「いず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例