コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カ

6件 の用語解説(処の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か【処】

[語素]《「が」とも》名詞または動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「奥」「山(やまが)」「すみ」「隠れ(かくれが)」

く【処/所】

[語素]名詞、または、それに準じるもの、動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「いず―」「こもり―」
[補説]「すみか」の「か」、「どこ」の「こ」と同語源と考えられる。

こ【処】

[語素]名詞・代名詞の下に付いて、場所の意を表す。「こ」「そ」「いず

しょ【処〔處〕】[漢字項目]

[音]ショ(漢) [訓]おる おく ところ
学習漢字]6年
ある場所に身をおく。おる。「処世
世の中に出ないで家にいる。「処士処女出処
物事をしかるべく取りさばく。「処刑処断処置処罰処分処方処理善処対処
ところ。場所。「処処死処随処
[名のり]おき・さだむ・すみ・ふさ・やす
[難読]在り処(か)何処(いずこ)何処(どこ)彼処(かしこ)彼処(あそこ)此処(ここ)住み処(か)止め処(ど)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

か【処】

名詞または動詞の連用形の下に付いて、場所の意を表す。ところ。 「あり-」 「住み-」 「奥-」 「山-やまが

こ【処】

( 接尾 )
名詞・代名詞に付いて、その場所を表す。 「こ-」 「そ-」 「あそ-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

処の関連キーワード

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

処の関連情報