コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【処】

[語素]《「が」とも》名詞または動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「奥」「山(やまが)」「すみ」「隠れ(かくれが)」

く【処/所】

[語素]名詞、または、それに準じるもの、動詞の連用形に付いて、場所の意を表す。「いず―」「こもり―」
[補説]「すみか」の「か」、「どこ」の「こ」と同語源と考えられる。

こ【処】

[語素]名詞・代名詞の下に付いて、場所の意を表す。「こ」「そ」「いず

しょ【処〔處〕】[漢字項目]

[音]ショ(漢) [訓]おる おく ところ
学習漢字]6年
ある場所に身をおく。おる。「処世
世の中に出ないで家にいる。「処士処女出処
物事をしかるべく取りさばく。「処刑処断処置処罰処分処方処理善処対処
ところ。場所。「処処死処随処
[名のり]おき・さだむ・すみ・ふさ・やす
[難読]在り処(か)何処(いずこ)何処(どこ)彼処(かしこ)彼処(あそこ)此処(ここ)住み処(か)止め処(ど)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

か【処】

名詞または動詞の連用形の下に付いて、場所の意を表す。ところ。 「あり-」 「住み-」 「奥-」 「山-やまが

こ【処】

( 接尾 )
名詞・代名詞に付いて、その場所を表す。 「こ-」 「そ-」 「あそ-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

処の関連情報